〜団長〜

団長あいさつ
(財)盛岡国際交流協会事務局  佐藤 進

盛岡市とビクトリア市は、世界平和を念願し、その実現に貢献した国際人新渡戸稲造博士の生誕の地と終焉の地という縁で、1985年5月に姉妹都市提携を結びました。

太平洋を隔てたカナダ南西部、バンクーバー島の最南端に位置するビクトリア市は、ジョージア海峡に面した自然の豊かな美しい街でした。3月の初めとあって少し肌寒く感じられましたが、それでも街のあちこちには桜の花が咲き、盛岡より一足早い春の訪れを感じました。

生徒たちはこの街で、ホスト校のオーク・ベイ・ハイスクールの生徒と一緒に、授業体験やホームステイによる家族との触れ合いをとおし、お互いに意思の疎通を図りながら生活のルールなどを直接学ぶとともに、数々の文化施設の見学などを行いました。滞在中、生徒達の好奇心はすべてに旺盛で、自己の持つ感性と経験を懸命に駆使しながら何かを学び取ろうとする眼差しは驚くほど輝いており、一人一人が何か次への挑戦を試みようとしているように感じられ、大変心強い思いがいたしました。この研修の成果は、生徒の報告と感想に委ねることといたしますが、将来に向けて夢多い中学生という時期に体験したこの海外研修は、これから各自にとって多くの財産となっていくだろうと思います。

ホームステイを終え、お世話になった皆さんと別れを惜しんだ際、「これからの姉妹都市交流は君たちの手に委ねられている。盛岡に帰ったら、この街で体験したことを多くのクラスメートに話してほしい。」と、生徒に熱く語りかけてくださったビクトリア市関係者の姿が印象的でした。生徒たちには、この貴重な体験をこれからの人生に生かし、地域社会に貢献していただくとともに、新渡戸博士の懸けられた「太平洋の橋」を渡って国際社会で大いに活躍されることを心から期待しております。

終わりに、このたびの研修の実施にあたり、教育委員会をはじめ研修アドバイザーや保護者の皆様、そして事務局など多くの方々のご協力をいただきました。ここに、研修団を代表し関係各位のご尽力に厚く御礼申し上げご挨拶といたします。


〜事務局〜

異文化体験〜学校訪問の巻〜
盛岡市教育委員会指導課  佐々木 健

今回の研修で私が楽しみにしていたことの一つに、現地の学校訪問があった。研修2日目の朝、ホストスクールのオーク・ベイ・ハイスクールに向かった。この学校は、ビクトリア市から車で10分ほど走ったオーク・ベイ市の閑静な住宅街の中にある。広い敷地には、グランドを挟んで2棟の建物が建っていて、ちょっとした大学のキャンパスの雰囲気である。

校長先生の歓迎のご挨拶の後、日本からの留学生を含む3人の生徒さんに校舎内を案内していただいた。どの教室も、先生の突然の訪問にも関わらず、快く教室内を見学させてくださった。体育館、コンピューター室、家庭科室、技術科室等々。どの教室も日本と同じ内容を学習しているように見えたが、20人弱の少人数での授業は大変羨ましく思えた。

しかし、生徒が思い思いの服装と態度で授業を受けていたことには、予備知識はあったものの、正直なところ驚かされた。帽子をかぶり、肘をつき、足を組み、ガムを噛みながら・・・。とても日本では考えられない光景だった。にもかかわらず、授業中ふざけているような子供はみられないし、廊下で会っても実に明るく振舞っている。一通り校舎内をまわると、昼食時間となったので食堂をのぞいてみた。すると生徒が数人いるだけでガランとしてる。多くの生徒たちはというと、廊下に車座になって座り、それぞれ持ち寄ったものを楽しそうに食べている。学校で給食指導をしている私たちにとっては考えられない光景である。最近は食堂は使わず、廊下や外で昼食を取る生徒が多いとのことであった。

考え方や文化の違いとはわかりつつも、驚かされることの多い学校訪問であった。新渡戸稲造先生は、奥様はアメリカ人で欧米の文化も自分の生活の中に受け入れておられた。しかし、「武士道」からわかるように、彼は最も日本人の心を大切にした方である。今回の研修は、私にとっても参加した生徒にとっても、異文化に触れる良い機会であったと同時に、日本の文化の素晴らしさも見つめ直す貴重な体験であったと感じている。


ビクトリア市研修を終えて
中野小学校  藤川 公子


姉妹都市ビクトリア市は、実に美しく豊かな街です。格調高いチューダー様式の建物が建つ街並み、ブリティッシュ・コロンビア州の州都であることを物語る威風堂々とした議事堂、穏やかに光り輝くインナー・ハーバーの水面、ようやく3月になったばかりだというのに、春爛漫とばかりに咲き誇る桜や青々と茂る街路樹、そのあまりに美しい佇まいは、渡航前に私が勝手に思い描いていたカナダ・ビクトリアを越えるものでした。しかし、その素晴らしい景観以上に今回の研修で私を魅了したのは、ビクトリアに住む人々との出会いやふれあいでした。

中でも、ホームステイでの3日間で経験は、最も貴重なふれあいでした。「言葉や文化、生活習慣の異なる国や人を理解することは、生活を共にすることが最も早道だ」と言った人がいますが、実際、生活を通して体験した異文化や生活習慣は、実に興味深く、また、つたない英語を駆使しての会話の中で、互いの考えや気持ちを理解し合い、互いに共有できたときの喜びは、何ものにもかえ難いものになりました。最後の日、ホストファミリーと抱き合い別れを惜しんでいた生徒たちも、きっとこの国境を越えたふれあいを得たことでしょう。

思うに、相手を思う気持ち、互いに分かり合おうとする気持ちこそがコミュニケーションを図ろうという原動力となり、人と人を繋ぐ絆をつくること、国際人として求められる姿勢であることを改めて実感しました。

この研修プログラムは、盛岡市とビクトリア市双方の交流協会や関係団体の方々のご尽力により実現していることはもとより、ホームステイの受入など、多くのビクトリア市民の善意とボランティアに支えられています。参加した生徒たちは、これらの人々とのふれ合いや繋がりをより糸とし、やがて、かの新渡戸稲造博士が築いた礎のもと、姉妹都市の盟約以後紡ぎ続けられた両市の交流の絆をさらに強く築き紡いでいくことでしょう。私自身も、一教師として、一市民として、一人の人間として、おの絆を次世代につなげる努力をしていきたいと考えております。

最後に、今回、市内の中学生とともに研修する機会を与えて下さった盛岡国際交流協会、盛岡市教育委員会、関係各位、研修でお世話いただいたすべての皆様に感謝申し上げます。


研修を終えて
北陵中学校  臼沢 元

ビクトリア市研修に参加の機会をいただき、ありがとうございました。しかし、研修に行く前は、楽しみよりも不安に感じることがたくさんありました。生徒は海外でのホームステイに順応できるのか、ホストスチューデントと仲良く生活できるのだろうか・・・。そんな不安と裏腹に、生徒たちは盛岡を離れてからもみんな元気で、飛行機と船の旅を楽しんでいました。

心配することもないな、と私が思い始めた頃、いよいよホームステイの日がやってきました。オーク・ベイ・ハイスクールでホストスチューデントと会い、その後、一緒に授業に参加しました。放課後、今までにない緊張した顔で3泊4日のホームステイに出かけていきました。

その日、待ち合わせの博物館前には、ホストスチューデントと楽しそうに話をしている姿があり、心配することもなかったなあと安心しました。また、ビクトリアの生徒の親切なことには本当に驚かされました。午後からのウオーキングツアーでは、街を散策するというよりは買い物ツアーになった感じでしたが、盛岡の生徒の買い物が終わるまで道案内をしたり、店の前で待っていてあげたりと、本当に親切な生徒たちでした。

私も、ラナ先生のお宅にホームステイさせていただきました。日本で4年間生活したことのあるご夫婦で、たくさん助けていただきました。私たちのことだけでなく、生徒のホームステイ先との連絡や盛岡の中学生のことまでもお世話いただき、感謝しても足りません。

ビクトリアはきれいな街で、観光に行っても十分楽しめる街だと思います。海岸沿いにきれいな街並み、春になるとブチャードガーデンは花一面、船に乗り沖にでるとシャチに会うことができ、港から言える街並みは古いイギリスの景色、全てが美しい街でした。

今回、参加させていただいた経験を生かし、他の何かの機会に私も国際交流に役立ちたいと思います。最後に、今回研修する機会を与えて下さった皆様、お世話になった皆様に感謝申し上げます。


〜団員〜

ありがとう、カナダ!
飯岡中学校  魚住 愛

ビクトリアでの3日間は、ホストファミリーと一緒に過ごした。最初は、言葉や生活習慣の違いなど、不安なこともあったけれど、ホストファミリーはとても親切で、安心して生活できた。言葉のほうは、最初、相手の言うことが聞き取れなかったし、私も言いたいことがうまく伝えられなくて焦った。でも、だんだん慣れてくると、相手の話していることが大体わかるようになってきた。(相手がゆっくり話してくれたおかげでもあるのだけど。)そして私も、とにかく単語を並べてみたら・・・通じた!すごく嬉しい!ホストファミリーとはいろいろな所に出かけたり、家では一緒にテレビを見たり、折り紙をした。ホストファミリーのニコルは折り紙がとてもうまい。以前にもやったことがあるらしい。(実際、カナダの日本語の教科書には、鶴の折り方が載っている!)

カナダの学校生活も体験した。日本の学校とは雰囲気もだいぶ違う。日本の学校と比べると、カナダの学校はかなり自由だ。きまりがなくても、こんなふうに結構うまくいくものなんだ!多分それは、一人一人が自分の行動に責任を持って生活しているからだと思う。決まりを守って行動するのも大切だし、きまりがあるのも悪いことだとは思わない。でも、ある程度自由な中で、やっていいことと悪い事を判断する力も必要だと思った。

今回の研修の中でひとつだけ後悔したことがある。ホストファミリーともっとたくさん話せばよかった、ということだ。話したかったことがたくさんあったのに、半分くらいしか言えなかったのが悔しい。もっと英語を勉強して自信をつけて、いつかもう一度会って、そのときはもっとたくさん話したい。

たった1週間の研修の中で、たくさんの経験を通して発見し、感じ、学んだ。そして、一生忘れられないたくさんの思い出ができた。カナダが大好きになった。みんなとても優しかった。カナダで会ったみんなに会いに、それから、カナダの新しい面を見つけに、いつかもう一度カナダに、ビクトリアに行きたい。

I love Victoria! I love Nicole! See you again! Thank you!


ビクトリア研修を終えて
飯岡中学校  熊谷 啓延

このビクトリア研修の1週間は、僕にとって一生忘れられない貴重な体験ばかりでした。

現地での体験で僕の心に残ったことは、ホストファミリーとの会話です。英語が得意でまい自分に、はたしてホストファミリーとうまくやっていけるのか心配でした。しかし、ホストファミリーは親切な人たちで、英語をすぐさま理解できない私に、理解できるまで教えてくれました。だんだん英語にも慣れてきて、英語がこんなにも世界で通用していることを改めて思い知らされました。日本とは違い、いつも会話があり、明るく感じました。もちろん、僕にもいろいろ話しかけてきて、簡単な英語で会話しました。わからないことがあったら、辞書を片手に会話をしました。

僕がホームステイをした家庭はバード一家で、両親とアダム、弟のステファンの4人家族です。僕がホームステイをしている間、食事はお父さんが作って、お母さんは働きに行っていました。パンは自家製で、特においしいものの一つでした。朝は軽くコーンフレークが出ました。昼は主にパンで、夜は肉料理などが出てとてもおいしかったです。

カナダは盛岡と比べ物にならないほど自然が多く、街も美しいです。一面に広い芝生があったり、日本の公園とは数段違う広大な土地で運動をしていたり、とにかくすべてが大きい街でした。

僕の心に一番残っているのは、人の優しさです。僕が緊張してなかなか話せなかったときも、気を遣っていろいろ話しかけてくれたおかげで緊張もなくなったし、僕が部屋にいると散歩に誘ってくれたりしていくうちに親しくなれました。ホストファミリーの家での生活も最後になった日に、他のホストファミリーの人たちを呼んで、みんなで観た映画は最高でした。

この研修で、言葉も大切だけど、心が一番大切だということを感じました。今回の研修では心あh通じましたが、言葉がすべて通じたというわけではなかったので、今度また行くときは、英語をマスターしてから行こうと思います。僕を支えてくれたバード一家、先生方、本当にありがとうございました。

All of you were just perfect hosts and hostesses to me. I loke Victoria by Hironobu


ビクトリア市研修を終えて
大宮中学校  中関 さやか


私は、今回のビクトリア市研修に参加できて本当に良かったと思います。カナダに滞在中は、ずっと胸がワクワクしていました。と言っても英会話は単純な単語を並べてだけの会話でした。言いたい事が通じないときは、辞書で調べて「ここ、ここ。」と、指差しながら伝えたり、ジェスチャーや絵を描いて伝えました。その中でも、ジェスチャーはとても役に立ちました。言いたい事が通じたとき、とてもうれしくなって、英語って楽しいなあと感じました。

私のホストスチューデントのAlysonは、家族の中で一番元気で明るい子でした。家族みんなで話しているとき、Alysonは話の先頭にたって会話を盛り上げていました。話のー内容はよくわからなかったけど、なぜだか楽しくなってきて、いつのまにか私は笑顔になっていました。Alyson にはHeatherというお姉さんがいます。彼女は家族の中でただ一人、日本語を少し話す事ができます。お父さんやお母さん、Alysonの私への会話がどうしても伝わらないときは、Heatherが通訳のようにわかりやすく伝えてくれました。本当にHeatherがいてくれて助かりました。お父さんやお母さんはとっても優しくて、一緒に話していると心が安心しました。

そんなホストファミリーとの別れは、すっごく悲しかったです。あんなに優しくしてくれて、あんなに楽しませてくれたからです。私はサヨナラの時、とっても悲しくて泣いてしまいました。もっとたくさんビクトリアにいたかったです。

私は、これから英語の勉強を一生懸命やって、もうちょっと英語が話せるようになってからもう一度カナダを訪れたいと思いました。そして、今回の研修で話しきれなかったことがたくさんあるので、悔いの残らないよう、しっかりと英語で話してきたいです。

最後に、今回のビクトリア市研修に参加させていただいて本当にありがとうございました。この研修は、私にとって一生の宝物の一つになるでしょう。

I enjoyed visiting in Canada very much. I want to go to Canada again.


ビクトリア市研修を終えて
大宮中学校  齊藤 信

今、ビクトリア市研修を思い出してみても、やはり笑みがこぼれてしまう。ビクトリアでは、何を見ても聞いても感じても、全てが興奮のしっぱなしだった。

ビクトリアの学校で、ホストスチューデントのトリスティンと一緒に授業を受けた。初めは、英語がさっぱりだったからとても不安だったのだが、その不安を取り除いてくれたのが学校の生徒達だった。僕が外国人だとわかっていても、普通の友達のように話しかけてくれた。好きなスポーツや音楽の話をしたり、冗談を言って笑わせてくれた。やはり、言葉を理解できないという壁はあったものの、ここの生徒の広く温かい心に触れることができたのがとてもうれしかった。

3日目は、盛岡とビクトリアの生徒みんなで博物館と水族館へ行った。昼食は中華料理店で楽しく食べた。その中で、ビクトリアの生徒たちに、日本の「おっはー」や「あい〜ん」を教えたり、カナダのジョークを教わったりした。午後にはチャイナタウン付近を山本君とティムとトリスティンと歩いた。カナダには年中クリスマスをやっている店があったり、本屋なのにおもちゃを売っていたりといろいろな店があった。中でも面白かったのが、マジックをするためのアイテムを売っている店だった。刺しても刀が引っ込むナイフや、ゴルフをやっていると見せかけて実は死神の鎌を持っている人形など、おもしろいものがたくさん売っていた。夜にはみんな集まってホウリングをした。僕は、この日でたくさんの友達ができたのではないかと思う。

4日目にビクトリア公園へ行った。ここでは、野鳥や野生動物が集まる川や、屋久島の杉の木のような大きな木々を見たり、高速道路を横断するというような貴重な体験をした。昼には、寿司とコーラという微妙な食事をとり、プールで遊んだ。ティムの弟ともここで友達になった。

この研修の中で僕が得たものは、第一に友達、次に経験、最後に、国際交流に必要とする精神だと思う。僕はこの研修で手に入れたものを忘れずに、これからの国際交流に進んで参加していきたいと思う。この研修を支えてくれた皆さん、本当にありがとうございました。

It was just a short visit but was such a precious experience. Thank you very much Tristin and Tim.


ビクトリア市研修に参加して
北陵中学校  伊藤 侑可

この7日間の研修は、私にとって新しいことだらけでした。ビクトリアの街の美しさ、人の優しさは今でもはっきりと覚えています。

ビクトリアへ来て2日目、楽しみにしていたホームステイが始まりました。折り紙を教えようとか、コマを教えようとか、たくさんの希望を胸にホームステイへ行きました。しかし、一人になり、周りが英語だらけになると、一気に楽しみから不安に変わりました。言いたいことは全て英語で言わなければならないし、話しかけられることも全て英語です。その日、私は部屋に閉じこもってしまいました。そんな私にホストファミリーは優しくしてくれ、私の不安をなくしてくれました。私の知らない単語は辞書を引いて教えてくれたり、私の聞いたことに対しわかるまで説明してくれ、不安だった私は、いつの間にか英語で会話するのがとても楽しくなっていきました。

ホームステイ最終日の3日目は、家族みんなでビクトリアの街を歩きました。建物やビクトリアのレキシについていろいろと教えてくれ、とても楽しい一日を過ごすことができました。

この7日間の研修で、私は英語に興味をもつことができました。違う国の人と交流が持てるということは、本当に素晴らしい事だと思います。そして、ホームステイを通じて、もっと会話ができるようになりたいと思いました。これも、この7日間の研修があったからだと思います。

ビクトリアは本当に夢のような街でした。建物一つ一つが今でもはっきりと頭の中にあります。盛岡お姉妹都市がビクトリアで本当に良かったと思います。そして、ビクトリアの姉妹都市が盛岡で本当に良かったと思える盛岡であり続けたいと思いました。この研修で、私の視野が何倍も広くなったと思います。日本の外には私の知らないことがまだまだたくさんあることに気付いたし、私にとっての日本の存在にも気付きました。いつかまた必ずビクトリアへ行きたい!そして、この研修は私の宝物です。

Thank you very much for everythig. I shall never forget visiting Canada. I don't forget evrybody!!


思い出の1ページ
北陵中学校  高橋 佑気

僕にとって、カナダに行っていた7日間はまさに夢のような日々でした。街並みの風景やカナダの人たちの人情の温かさに触れ、僕は今までにない感動を覚えました。

ぼくのホストファミリーのリムさん一家は、見ず知らずの異邦人である僕を快く家族の一員として迎えてくれ、本当に感謝しています。ホストスチューデントのデービットは、なんと17歳にして車の免許を持っていて、ドライブの誘われたときには驚きました。彼は僕に、積極的にカナダのことを教えてくれました。例えば、今流行っている音楽や、パソコンの話も教えてもらいました。もちろんそのとき交わされた会話は英語でした。僕の人生14年間の中で、あれほど英語が楽しく思えたのは、たぶん生まれてはじめてのことだと思います。

でも、僕の英会話は、空港のインフォメーションのようにしゃれたものではありません。簡単な教科書に出てくる文法を真似たものが主流です。カナダに行って学んだことの一つは、心をオープンにし、ジェスチャーでも片言の英語でも、どんどん相手に伝えようとする素直な心がコミュニケーションの一番大切なことだということです。

僕が一番心に残ったことは、デービットに連れて行ってもらった海岸の景色でした。静かに沈む夕日、そして、寄せては返す遥かな潮騒の音。空は高く、果てしなく広がっている水平線を赤く染めている太陽。何もかもがきれいでした。

カナダはたくさんの贈りものを僕に与えてくれました。デービットという親友、そして、コミュニケーションの楽しさ、最高の景色。僕は今回の研修によって、自分がどんなに狭い視野で世間を見てきたかということも思い知らされました。もっとでっかい視野で、もっとおおらかな心で、これからの長い人生を一歩一歩しっかると踏みしめて生きていこうと思います。

最後になりましたが、このような素晴らしいチャンスを僕に与えてくれた校長先生をはじめとする先生方、お世話になりました団長さん方、ホームステイ先のリムさん一家、本当に感謝しています。僕は一生このビクトリア市研修のことを忘れません。本当にありがとう。

Thank you very much Victoria! I'm very happy. Because I met you. I'll be back! by Yuki


ビクトリア市研修の思い出
米内中学校  下川原 梢

私が、第7回ビクトリア市研修で困ったり学んだことはたくさんありました。まずは、やはり言葉の違いです。3月1日はまだみんなといたので、普通に日本語で話していたため、カナダにいる感じがあまりしませんでした。しかし、2日目から4日目までホームステイをしたとき、自分の言いたいことがうまく伝わらなかったり、聞き取れなかったりしました。本当に泣きたくなりました。内心、「何でわかってくれないの?」と思ってしまいました。しかし、よく考えてみると、こういう気持ちになるのも一つの勉強なんだなと思いました。なぜなら、今、私自身が「もっと英語をうまく話したい」と思っているからです。こうした気持ちも、この研修がなければ湧かなかったと思います。

私はカナダで自分が変わっていくのがわかりました。これは、私だけでなく14名みんながそうだと思います。カナダの人はすごーくオーバーリアクションで、少しのことでもすごく笑ったり、驚いたりして、そこで暮らしていたためか、最後の日にみんなとあったときにも、「Oh!」「OK! Yah!」などといってしまい、自分でもびっくりしました。そのこともあってか、今も、店などにいくと必ず「ありがとうございます」と言ってしまいます。

私は、自分のホームステイ先では充実した生活が送れたと思います。お父さんもお母さんも、お兄ちゃんもニコルもとても優しくしてくれました。私はみんなに、折り紙と箸をプレゼントしました。そして、日本の生活や遊びについて話すことができました。良い思い出がたくさんできたので、別れるときはすごく悲しかったです。

この研修で、私は、人間関係は「言葉」でなくて「気持ち」なんだということに気がつきました。言葉なんて通じなくてもいい、気持ちが通じれば何とかなる!私はそう思いました。今回、私は、ルシトン家族とまだしっかるは閑静していませんが、友好の懸け橋となることができたと思います。友情、文化、心の・・・。私はこれから英語をもっと勉強して、もう一度ビクトリア市に行きたいと思っています。私はこの貴重な1週間を永遠に忘れません。Thank you very much!

I xould really learn so many things that I didn't know while I stayed there. You've been a wonderful family. Love,Love,Love Victoria! Love,Love,Love Rushton family!



ビクトリア市研修にお参加して
米内中学校  本宮 勇希

僕にとって、ビクトリア市で過ごした1週間は、わからないことだらけでたくさん戸惑いもあったけども、その分、いろいろなことを学べた1週間でした。

ホームステイでは、カナダの生活習慣や英語での会話など、全てが始めての体験だったので、初日はとても苦痛に感じました。ホストスチューデントのジョッシュはとても親切で、僕と話が通じなければ辞書を使って日本語で話しかけてくれたり、ゆっくりと簡単な英語で話しかけてくれたりと、僕にとっても気を遣ってくれました。僕もわからないことがあれば、辞書で調べたりジェスチャーを使ったりと、思いが通じるように頑張りました。僕は英語が日に日に好きになってきました。

2日目、ジョシュの家族と折り紙で作る鶴の折り方や、箸の使い方を教えました。また、盛岡のパンフレットで、盛岡の建物や自分の家の場所を説明しました。お土産に持参した雛あられは気に入ってくれたようで、パクパク食べていました。

ビクトリアという街は本当にきれいな街で、公園などはとても緑が多く、湖の水も透明できれいでした。街の中のビルなどはカラフルなものが多く、また、ホテルからの夜景もとても美しかったです。しかし、残念なことに、街の中では足元にたくさんのごみが落ちていました。ビクトリアは、この道路のごみさえなければ、本当に世界一美しい街だと思いました。

また、僕がカナダに行って感じたことは、カナダの人たちの優しさです。なぜ優しいと感じたかというと、僕がこの研修中に英語で一番多く使った言葉が「Thank you」だからです。研修に行く前は、たいしたことがなければ「ありがとう」なんて言葉は使いませんでしたが、カナダにいるとどんな小さなことにも「Thank you」と言いました。このように、これからはどんな小さな親切にも素直に「ありがとう」と言えるようになりたいです。

ビクトリア市研修でお世話になった方々、本当にありがとうございました。

I love Victoria! Josh, please come to Morioka some day. I never forget Josh and Victoria. Thank you very much.


ビクトリア市研修を終えて
仙北中学校  細川 悠子

私がビクトリアに行って一番感じたことは、「みんなの優しさ」。ホストスチューデントのカーラをはじめ、7日間本当にいろいろな人にお世話になった。初めのうちはなかなか気持ちを伝えられず、英語の難しさを知った。そんな私とカーラをつないでくれたものは、お互いの辞書だった。そして何と言ってもカーラの笑顔は、最後まで私を支えてくれた。学校での英語とはまったく違う生の英語にも慣れ、話の内容が理解でき、辞書を使いながらも話ができたのはとても嬉しかった。

日本語よりも英語が耳に入ってくるほうが当たり前の生活になった。カーラの家族は、兄弟や親子の仲もよく、たくさんの会話をしているのが印象的だった。日本では親とあまり話さないことが多いので、とてもいい家族だと思った。また、カーラと買い物に行くと、どの店に入っても定員さんが気軽に話しかけてくれた。このことを含め、あいさつや会話をたくさんするという、日本にはないカナダのいい習慣を学んだ。

そしてまた、ビクトリアの街を歩いていて、どこを見てもきれいなところだと思った。ビクトリアがいい都市として知られるのは、建物の素晴らしさだけでなく、ここに住む人たちの、自分の家や街全体をきれいにしようという習慣のおかげだと思う。これから、盛岡のために私もそんな習慣を見習いたい。そして、ビクトリアのように美しい都市にしたい。

カナダに行って変わったことはたくさんある。例えば、挨拶をしたり話しかけることを自然にできるようになったこと。「Hi」「Hello」などと、誰にでも気軽に話しかけられるようになった。やはり、カナダの文化や習慣に触れたおかげだと思う。

外国の人と話をするのに一番必要なものは、学校で習ってきた文法のような英語力ではない。気持ちを伝えようと思えば、身振り手振りでも、笑顔だけでも心は通じ合えた。しかし、やはりもっと英語が話せたらいいのにと思うことはたくさんあった。今度カナダに行くときまでには、もっと英語を話せるようになって、またカーラに会いたい。カナダでの思い出は一生忘れない。ありがとう。

Thank you very much for everything. I had a great time during my stay. I love Carla and her family. I love Victoria. See you again.


楽しかったなぁ
仙北中学校  山本 洋平

僕にとってこの7日間は、一生忘れる事のない思い出となりました。今回の研修を通じて得たこと、感じたこと、そして、素晴らしい出会いがたくさんありました。

まず、ビクトリアは美しい。海は果てしなく遠くまで広がり、街並みもとてもきれいでした。行く前から美しい街だということは知っていたが、想像をはるかに超えるものでした。美しいのは街だけではありません。ビクトリアに暮らす人たちの心も美しいのです。ここでいう美しいとは、とても温かい心の持ち主だということです。ホームステイ先の家族のみなさんのほか、お店の人や近所にすむ人たちも僕に優しく接してくれました。

得たことというか勉強になったことは、生活習慣お違いや日本では聞けない瞬速の英語です。生活は日本とは違いのんびりしていました。変わった食事や変わった会話、何だか自分も変わっちゃいそうでした。英語のほうは、予想的中でまったくわけがわかりませんでした。挨拶の後は決まって辞書。でも、3日、4日経つうちに英語も慣れてきました。しかし、現実は厳しいもので、せっかく慣れた英語もむなしく日本に帰国。ホストファミリーのみなさんと感動の別れをしてカナダを去った。このとき、「時がたつのははやいなぁ」とつくづく感じました。

アッ!という間に過ぎてしまった7日間。楽しかったこと、嬉しかったこと、大変だったこと、悲しかったこととたくさんありました。だけど、これが僕を大きく成長させてくれました。この研修をきっかけに、自分自身がもっともっと国際的な交流に積極的に参加できるように、もっともっと国際的に役立てるように自分なりに努力し、また、海外へ行き、成長してこれるようにがんばりたいと思います。

最後に、研修団の皆さん、カナダでお世話になった皆さん、本当にありがとうございました。

Thank you very much Victoria and Tim. I want to visit Victoria again.


宝物
城西中学校  横手 恵梨香

このビクトリア市研修を通じ、私はたくさんの『宝物』を得た。事前研修を共に頑張りぬき、カナダで素晴らしい思い出を作ってきた13人の仲間。皆とてもいい人たちだった。今後もずっと長く付き合っていきたいと思う。

そして、カナダの人たちの「温かさ」。店の店員も気軽に話しかけてくれた。なれないしゃべり方で「サヨウナラ」と言ってくれた人もいた。ある店で、会計の時にコインが足りなくなったとき、募金箱からお金を出してくれた店員もいた。こういう温かさをいつまでも忘れてはいけないと思った。そして、日本人も見習わなければならないと思った。

しかし、学校での授業対ふぉはけっこう悪かった。寝転びながら授業を受けたり、立ち歩いている人もいた。でも、先生は怒らなかった。髪の色も自由、ピアスもOKな向こうの学生が、私にとってはすごく羨ましかった。エリの話では、みんな、3歳くらいから染めたりピアスをしているそうだ。日本ではそんなに自由ではないことを話したら、逆にビックリされた。でも、ファッションは日本のほうが上だなぁ・・・。

ホームステイ中、エリはいろいろなお店に連れて行ってくれた。3日目には、家族全員でシドニー(カナダの)へ行った。寒かったけど、とてもきれいな海がそこにはあった。もっと英語を勉強して、ペラペラになって語学力に自信がついたら、もう一度行きたいし、本当は、今すぐエリを盛岡のいろいろなところに連れて行ってあげたいと思っている。

この1週間、身の回りのことを自分ですること、人と協力すること、誰とでも明るく接することの大切さを学んだような気がする。「友達になりたい」と思ったとき、一番大切なのは語学力じゃなかった。それよりも「笑顔」と「心の広さ」が大切だと、今回改めて思った。未完成な私の英語に付き合ってくれたエリ、エフェ、エリのお母さんに感謝したい。

思い出が詰まった3月1日から7日までの1週間を、私は一生忘れない。1週間すべてが宝物だ。

Thank you very much. I'll never forget you. I like Victoria and ... I LOVE Eri ?


僕が見つけたビクトリア
城西中学校  曲谷地 哲

僕が、バンクーバー行きの飛行機から降りる前と着いてからでは、ビクトリアのイメージがとてつもなくかけ離れていました。ビクトリア市は僕にとって理想の世界でした。まず、僕を驚かせてくれたのは「家」です。全体の98%ぐらいの家は、とても魅力的で写真に収めたい!と思いましたが、フィルムに限りがあるので、2つほど撮ってあきらめました。

ビクトリア市の一番いいところは、全体の98%くらいの人がとても優しいことです。僕が恐る恐る声をかけても、笑顔で明るく返してくれました。ホストファミリーのマイクも、とても優しく親孝行で、友達がたくさんいました。そして、盛岡ではほとんどないようなことも発見しました。ホストファミリーと食事に行ったり、お店に行くと、決まってお店の人とおしゃべりをしていました。初めて行ったお店でさえも楽しく会話をしていました。僕はそこの人の温かさを感じ、魅力を感じました。

日本人は、「仕事」という言葉にとらわれて、人とのコミュニケーションが薄れているような気がします。日本は、ビクトリアのような精神を見習わなくてはいけないと思います。

僕が外国人と触れ合ってみてみんなに言いたいことは、「英語が話せるか話せないか、よりも、話したいと思うか思わないかが問題だ」ということです。いくら英語の点数がよくても、外国人を怖がっていたり、うまく話せないかも、と思っているとダメだと思います。それよりは、がんばって単語を並べながらでも、笑顔で話している人のほうが国際人だと思います。

研修中に周りを見てみると、カナダ人だけではなく、中国人、サウジアラビア人、韓国人や日本人など、さまざまな国、人種の人が普通に暮らしていました。日本にいたときは何人を見ても「外国人」と言っていた自分、その外国人を特別視していた自分がとても恥ずかしい気がしました。こんなにも外国人が少ない国は日本だけなのではないかと思いました。

今までHB鉛筆をスラスラと滑らせてきましたが、あらためて研修を振り返る事ができました。書いているうちに新たな発見もできました。原稿用紙の残りが少ないので、これにて終了します。

Thank you very much, Mike. You were very kind to me. I will never forget you. I want to visit Victoria again. from Tetsu


私の思い出
河南中学校  桜庭 知美

もう二度と戻らない、あの7日間。たくさんの期待を胸に私はビクトリアへ出発した。ビクトリアで私を待っていたのは、美しい自然、かわいいお家、そしてホストファミリーの笑顔だった。

ホストファミリーは5人家族。14歳のパンドラには6歳、7歳、11歳の兄弟がいて、とっても明るい家族だった。お母さんもとっても優しく私を迎えてくれた。会話は・・・。はっきり言って会話は少なかった。理解するのもやっとだったのに、伝えるのはもっと大変だった。でも、私は日本の文化である書道と珠算を伝えることができた。パンドラは書道を気に入ってくれたようだったが、珠算は難しかったらしい。私がお土産として持っていった日本のおもちゃは大人気だった。

私は、このホームステイを通じて「英語」の重要さを感じた。「もっと英語を勉強しておけばよかった。そうすれば、もっとカナダやビクトリアのことを知ることができたのに・・。」と思う。お別れの日、パンドラに「3月23日、盛岡で待ってるね。」と言って笑顔で別れた。パンドラが日本に来るということを聞き、私はとても嬉しかった。私がパンドラに伝えたかった日本を、盛岡をわかってもらえる。

この研修の中で学んだこと、それは「表情」だと思う。言葉が通じなくたって心は通じる。今回の研修によって、私は目標を見つけた。いつか胸を張ってパンドラに会うためにビクトリアにいけるように、これからいろいろなことに挑戦していきたいと思う。もう戻らない、あの7日間の思い出を心の中にしまって。

このビクトリア市研修でお世話になったたくさんの方々、本当にありがとうございました。

I love Victoria. Thank you very much victoria. I want to go to Victoria again.


ビクトリア市研修を終えて
河南中学校  吉田  圭?

あの研修は絶対に忘れることはないだろう。たくさんの出会いがあって、たくさんの発見があったカナダ。

初めてホストファミリーと会ったとき、すごく緊張して何も話すことができなかったが、ホストスチューデントのカイルやお父さん、お母さんは積極的に僕に話しかけてくれて、家の中でもだんだん会話ができるようになってきた。

ホームステイしている間、スモールファミリーは僕をいろいろなところへと連れて行ってくれた。カイルの兄が出場している社会人バスケットボールの試合に行き、日本では見られない外国人の迫力あるプレーをすぐ側で見られた。次の日は、カイルが出ているミュージカル「ウエストサイド・ストーリー」を観た。舞台のセットも本物のようで、しかもたった一人の俳優の歌がホールに響くのもすごかった。ほとんど同じ歳の人が演じているのかと思うと本当に驚いた。3日目は、カイルとカイルの友達と一緒にボウリングに行ったり映画を観に行った。家に帰ってからは、二人でB'ZのCDを一緒に聞いたり、折り紙で手裏剣を作って過ごした。その中で、カイルは、今日本にすごい興味があると話してくれた。そして、横濱にある武術の道場に行きたいということも話してくれた。短い日程ではあったが、すごく仲良くなれた。

今回の研修で気付いたことといえば、まず、優しさではないだろうか。カナダでは、どんな人に対しても優しく接していた。そして、僕は積極的になることを学んだのではないかと思う。カナダにいる間に、少しではあるけれども積極的になった気がする。たくさんの異文化に触れて戸惑いもあったが、物事をいろいろな見方でみることもできた。

たくさんの出会いがあったビクトリア市研修。今回学んだことは、これからの生活に生かしていきたいし、もう一度カナダに行きたい。そして、今度カイルと会うときは、辞書を見ながらではなくて、もっと自分の言葉で表現して話をしたい。今回の研修は、絶対に忘れられない思い出だ。

I think Canada is a very wonderful country. I want to go back to Victoria. Thank you Canada and Victoria! by Keisuke


〜研修アドバイザー〜

研修アドバイザーから  尾中 夏美

今回の研修は、前回の内容に手を加え、さらに充実させる工夫をしました。英語会話の研修は勿論ですが、このような短期研修では英語力をアップさせることが主たる目的ではなく、いかに参加者自身の今後の国際理解の第一歩に位置付けるかが大切だと思います。

そこで、前回は発表会形式だった「私達の盛岡・日本」を、今回はアルバムにまとめて発信することにしました。アートセンスの良さが光った作品が仕上がりました。そして、引率の先生方の協力を頂きながら「私の知っているカナダ」をグループワークとしてまとめ、帰国後に自分が見てきた本当のカナダとの違いを認識してもらいました。

帰国後、「私の見つけたカナダ」について写真を使って発表会をもちました。今回ビクトリアに行くことで新たに「自分」を見つめ直す機会を得た人もいましたし、日本の良さとカナダの良さを客観的に考えた人もいたことがわかりました。今後表面的な違いへの憧れから、それをもう一度分析して本当に自分の多様な価値観のひとつにして頂ければと思います。

今回の新しい試みとして、日本語の中古絵本を現地の学校に寄贈しました。ビクトリアの市民が、少しでも日本文化に関心を持ってくれたらとの期待からです。いずれ、ビクトリアからも同じように絵本交流が始まればうれしいと思います。

研修はこれで終了でしゃありません。カナダだけが私達にとって大切な国でもありません。盛岡市内にもたくさんの市民団体があり、国際理解促進に努力しています。今回の体験を第一歩として、何か自分の力でできることを探してみてほしいと願っています。